牧島かれんの高校や大学など学歴は?経歴や派閥・評判についても!

スポンサーリンク
牧島かれん 学歴 経歴 派閥 評判 エンタメ
スポンサーリンク

新たにデジタル庁の大臣に就任されることが発表された牧島かれんさん。

 

女性で初の入閣ということで、これからさらなる活躍が期待されているんです。

 

そこで今回は牧島かれんさんについて、

 

・プロフィール
・学歴(中学・高校・大学)
・経歴
・派閥
・評判

 

以上について調査しました。

 


牧島かれんのwikiプロフィール

【名前】牧島 かれん(まきしま かれん)
【出身】神奈川県
【生年月日】1976年11月1日
【年齢】44歳
【趣味】映画鑑賞、SUDOKU(数独)
【資格】わな狩猟免許(2014~)、野菜ソムリエ(2017~)、防災士(2017~)

 

牧島かれんさんは現在44歳と政治家の中ではかなり若い方です。

 

そんな若さですが、新内閣でデジタル庁大臣に就任されたことでも話題になっていました。

 

これまでもSNSを活用した活動のアピールなども積極的に実行されてきた方で、デジタル庁大臣にはかなり適任なのかもしれません。

 

牧島かれんの学歴は?

 

牧島かれんの学歴にについてまとめています。

 

小学校・中学・高校

 

牧島かれんさんは小学校から高校まで、横浜雙葉に通っていました。

 

 

由緒ある女子校で、高等学校においては生徒を募集しない完全中高一貫校です。

 

神奈川の女子御三家の一つでもあり、県内でも有数の進学校として知られています。

 

やはり小さいころから優秀だったのですね。

 

小学校3年生の時には、アメリカへ一人旅に行ったこともあると語っていました(笑)

 

チャレンジ精神が怖いくらいですよね(笑)

 

また、中学3年生の時には、高松宮杯全日本中学校英語弁論大会に神奈川県の代表として出場し、英語でスピーチを行った経験があったそうです。

 

アメリカ一人旅の経験は英語のスピーチや現在の政治活動など色々なところに役立っていそうですね。

 

大学・大学院

 

牧島かれんさんの出身大学は国際基督教大学です。

 

 

大学の講義全体の約3分の1が英語で開講されているというすごい大学です。

 

海外との交流もかなり活発なようです。

 

牧島かれんさんは大学時代にはJNSA基金(日本学生協会基金)へ入会し、企画部長としても活動されていたようです。

 

また、国際基督教大学を卒業後、単身でアメリカに渡り、ジョージワシントン大学ポリティカル・マネージメント大学院へ進学し政治学の修士号を取得されました。

 

その後は政治を研究・指導する側として、大学でアメリカ政治などを教えていたそうです。

 


牧島かれんのこれまでの経歴まとめ!派閥はどこ?

牧島かれんさんの略歴は次のようになっています。

 

2002年 桐蔭横浜大学で助手を務める
2002年 東京純心女子大学講師に就任
2008年 国際基督教大学大学院行政学研究科博士後期課程修了
2008年 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師
2008年 衆議院議長河野洋平から神奈川17区の後継指名を受ける
2009年 第45回衆議院議員総選挙神奈川17区に落選、横浜薬科大学客員教授就任
2012年 第46回衆議院議員総選挙で神奈川17区に初当選
2014年 第47回衆議院議員総選挙で神奈川17区に再選
2015年 内閣府大臣政務官に就任
2016年 熊本地震現地対策本部長代行に就任
2017年 第48回衆議院議員総選挙で3選を果たす
2020年 女性初の自由民主党青年局長に就任

 

牧島かれんさんはアメリカから帰国後、情報番組のパーソナリティを務めていたこともありました。

 

その中で、河野洋平さんに出会ったことがきっかけで、衆議院議員選挙に出馬するようになります。

 

2度目の挑戦で見事当選!

 

その後は女性議員として大活躍を果たし、今では44歳にしてデジタル庁の大臣に就任するほどです。

 

派閥は麻生派に所属されているようですね。

 

これからの活躍にさらに期待が高まります。

 

牧島かれんの評判まとめ!

 

こちらでは牧島かれんさんの評判についてまとめました。

 

 

概ね肯定的な意見が多いですね。

 

まとめ

 

牧島かれんさんについて、

 

・プロフィール
・学歴(中学・高校・大学)
・経歴
・派閥
・評判

 

以上について調査しました。

 

今後は大臣として、日本の政治を引っ張っていってほしいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント