ラグビー日本代表選手の年収や年棒は?海外選手やトップ10とも比較して調査!

スポンサーリンク
スポーツ

ラグビーワールドカップが大盛り上がりですね!

日本の大躍進でこれまで以上にラグビー人気が高まっています。

そこで気になるのがやはり、

「あの大活躍しているラグビー日本代表選手たちの年棒ってどのくらいなの?」

ってことですよね!笑

そこで今回はラグビー日本代表選手の年収年棒について、

日本のプロ選手や海外の選手、また世界トップ10の年棒についても

調査しました。

 

ラグビー日本代表選手の年収や年棒は?

 

 

ラグビー日本代表選手の平均年収は、

約4000万円程度

なんです。

・・・少ないと思いましたか?

プロ野球選手や、一流サッカー選手と比べると、圧倒的に少ないです。

10分の1程度しかないんですね。

ラグビーのほうが体と体をぶつけあうので、他の競技に比べて

怪我のリスクも高いですし(そういう競技だから、と言ってしまえばそうですが)、

逆に野球選手よりもらってもいいのでは、

と個人的には思ったりもします。

もちろん、代表選手の中でも差はあり、スポンサー契約などがある選手は

年収1億円にまでのぼるそうです。

吾郎丸選手はかなり稼がれていたんだとか・・・笑

 

日本のラグビープロ選手の年収や年棒は?

 

 

次に、日本代表選手以外のラグビープロ選手の年収年棒をみていきます。

トップリーグ(日本のプロラグビー)に所属する一般的

なラグビープロ選手の年収は、

600万円〜1500万円程度

と言われています。

実業団という、いわゆる企業のチームに所属している選手がほとんどなので、

扱いとしては「所属企業の社員」

ということになります。

なので、サラリーマンと同じか、それよりも少し多めの年収しか

もらえないということになります。

なんだか少ない気がしますよね。

また、その実業団選手の中にも、助っ人選手として外国の強豪選手もいますが、

そういった選手は「プロ契約」となっているので、もっと年収は高いんです。

大物選手だと年棒1億円にまで行く選手もいるんだとか。

もちろん実力があるからだと思いますが、それと比べてしまうと

日本のプロ選手は不平等なくらい少ない気がします。

 

海外のラグビー選手の年棒はどのくらい?

 

 

それでは、海外の選手の年棒はどのくらいなのでしょうか。

トップクラスになると、やはり1億円を超える年棒をもらっているようです。

これまでのラグビー界の最高年棒は

ダン・カーター選手の約2.5億円

なんだそう!

かなり高額ですね。

その他ラグビーの海外リーグに所属する選手は、日本のプロリーグに

所属する日本選手よりも高い傾向にあり、

年棒3000万円〜5000万円ぐらいの方が多いようですね。

海外の選手は、高い年棒を求めてフランスやイタリアのリーグで

プレーする選手も多いそうです。

 

ラグビー選手トップ10の年棒まとめ!

 

 

アイルランドのメディア「RUGBY LAD」が2019年1月に

当時の全世界のラグビー選手年俸トップ10を発表しました。

金額はおおよそですが、トップ10の選手は以下のような年棒です。

 

1位 イズラエル・フォラウ選手・・・約1億6,000万円
2位 ダン・カーター選手・・・・・・約1億5,500万円
3位 マット・ギタウ選手・・・・・・約1億5,000万円
4位 チャールズ・ピウタウ選手・・・約1億4,000万円
5位 アーロン・クルーデン選手・・・約1億円
6位 スティーブン・ルアトゥア選手・約9,200万円
7位 ジョナサン・セクストン選手・・約9,000万円
8位 コナー・マレー選手・・・・・・約8,900万円
9位 ダン・ビガー選手・・・・・・・約8,500万円
10位 ニコラス・サンチェス選手・・・約8,000万円

 

一流選手はやはりそれなりにもらっていますね。

ですが、やはり海外の選手においても野球選手などと比べると少ない

ですよね。

人気や競技人口なども関係あるのでしょう。

まとめ

 

ラグビー日本代表選手から、日本のトップリーグに所属するプロ選手、

海外の選手や海外トップ10の選手の年棒についてまとめました。

思ったよりも少なかった、という方が多いのではないでしょうか。

特に日本のプロ選手が一般のサラリーマン並みだということには驚きです。

日本代表選手も今回のW杯活躍により、少しでも年収があがって

さらにプレーに集中できる環境が整うといいですね。

コメント