初鹿明博の経歴や学歴、年収などプロフィールまとめ!結婚や子供についても調査!

スポンサーリンク
注目
スポンサーリンク

立憲民主党に所属する初鹿明博議員。

議会での発言や教育に対する意見などが注目されて、メディアでも注目を集めることの多い議員さんですよね。

そんな初鹿明博議員について、今回は

・プロフィール
・学歴
・経歴
・年収
・結婚や子供の有無

以上について、調査しました!

 


初鹿明博議員のプロフィール!

 

 

【名前】 初鹿 明博(はつしか あきひろ)
【生年月日】1969年4月15日
【年齢】50歳
【出身】東京都江戸川区
【所属】立憲民主党
【趣味】折り紙、ロックコンサート、絵画鑑賞、料理
【好きな食べ物】もんじゃ焼き、プリン

 

初鹿明博議員は現在50歳と、議員の中ではおそらく
若手に入る年齢なんです。

東京都の江戸川区出身で、生まれも育ちも東京都民だったそう。
かなりの都会っ子ということですね 笑

議員さんということでちょっとお堅いイメージを勝手に
持っていましたが、趣味が折り紙やロックコンサートと
親しみやすいものでほっとしました 笑

好きな食べ物がプリンというのも可愛らしいですね!

江戸川区出身ということで、小さい頃からもんじゃ焼きを
食べていたのでしょうか。

 

初鹿明博議員の学歴は?

 

〜中学〜

中学は「江戸川区立小松川第二中学校」です・

中学校は地元江戸川区の公立中学。

てっきり有名な私立の中学に通われていたのかと思いましたが、
そうではありませんでしたね。
地元で有名になるほど頭の良い少年だったかもしれません。笑

〜高校〜

高校は「東京都立両国高校」です。

こちらは墨田区にある都立の超進学校です。

偏差値は65以上というデータもありました。

当時からかなり頭がよかったんですね。

墨田区なので、地元の江戸川区からはかなり近いです。

高校も公立ということで、かなりの親孝行。

〜大学〜

大学は、「東京大学法学部」です。

でましたね 笑

めちゃめちゃすごいです。。。

まさに超エリート。

政治家になるべくしてなったということでしょうか。

文系では日本で間違いなく1番でしょう。

 


初鹿明博議員の経歴をチェック!

 

 

初鹿明博議員の経歴について簡単に振り返ってみました。

 

東京大学法学部卒業後、逢沢一郎衆議院議員の秘書に
1997年 東京都議会議員選挙に出馬するも落選
その後、衆議院議員 鳩山由紀夫・秘書
2001年 東京都江戸川区から東京都議会議員に立候補し当選
2009年 第45回衆議院議員選挙に東京16区から出馬し初当選
2012年 民主党を離党、みどりの風へ入党
2012年 第46回衆議院議員選挙で落選
2014年 第47回衆議院議員選挙で比例東京ブロックで当選
2017年 第48回衆議院議員選挙で比例東京ブロックで
3期目の当選

現在:一般社団法人地域福祉推進機構の代表理事としても活動

 

かなり幅広いご経験をされてきた初鹿明博議員。

鳩山由紀夫さんの秘書のご経験があるとは知りませんでした。

若い頃から政治の世界で実績を積んでいかれていたんですね。

民主党を離党するなど、自分の信念に真っ直ぐだということがわかります。

 

初鹿明博議員の年収はいくら?

 

初鹿明博議員の年収について調べてみましたが、
具体的な数字についてはわかりませんでした。

一般的に国会議員の平均年収は約2000万円から
2500万円とも言われるので、おそらく初鹿明博議員も
この範囲内の年収だと思われます。

そして、国会議員は保有する資産について公開しなければ
いけませんが、初鹿明博議員の資産は、土地や預貯金額は
全て0円となっておりました。

まったく資産をもっていないといわけではないと思いますが、
公表するほどはない、ということでしょうか。

こちらについては引き続き調査していきます!

 

初鹿明博議員は結婚していて子供はいるの?

 

初鹿明博議員は現在結婚しています。

そして子供は3人いらっしゃるそう!

生まれた順番などについてはわかりませんでしたが、

一男二女ということで、5人家族ということになります。

初鹿明博議員の公式HPにも宝物として「妻と子供たち」というように書かれていました。

家族を大事にされているのでしょうね。

仲の良さが伝わってきますね。

 

まとめ

 

今回は初鹿明博議員について、

・プロフィール
・学歴
・経歴
・年収
・結婚や子供の有無

以上についてまとめました。

東京大学法学部という超エリートでありながら、家族を大切にしつつもプリンが好きという可愛らしい一面もある初鹿明博議員。

これからも国会などで臆せず発言し、日本を良い方向へ導いて欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント