西村康稔経済再生担当相の評判が悪いって本当?過去に炎上した理由って?

スポンサーリンク
注目
スポンサーリンク

2020年3月6日、新型コロナウイルス対策に関する法改正の担当者に、西村康稔経済再生担当相が就任されました。

政府が外出自粛などを要請できる「緊急事態宣言」の発令に関する法改正ということで、コロナウイルス感染拡大への対抗策を打ち出す大切な法案です。

コロナウイルス対策への鍵である重要な法改正を任された西村康稔大臣ですが、世間からの評判はどうなのでしょうか。

現在の評判と合わせて、過去の炎上についてもまとめました。


西村康稔の評判まとめ!評判が悪いって本当?

 

ここでは西村康稔大臣の評判についてまとめていきます。

 

過去の炎上事件を覚えている人が多く、その悪いイメージを持っている人が多いのか、あまりいい評判は聞こえてきませんね。。

 

西村康稔が過去に炎上した理由って?

 

西村康稔大臣は過去に炎上したことがありました。

その炎上事例について見てみましょう。

西日本豪雨の際に飲み会に参加

2018年7月5日、西日本が豪雨被害にあっているときに、西村康稔大臣は衆議院赤坂宿舎で開かれていた飲み会に参加していたんです。

その飲み会の画像をツイートをしてしまったことで、大炎上してしまいました。

その後の災害対応でも、事実とは異なる発言をしてしまうなど、炎上を繰り返してしまいました。

この一連の騒動のイメージを持っている方は多いかもしれません。

ベトナム出張時のスキャンダル

 

自民党内で“次世代のエース”と見なされ、昨年12月の安倍政権発足とともに内閣府副大臣に抜擢された西村康稔衆議院議員(50)が、昨年7月、訪問先のベトナムで現地のホステス複数人を相手に買春行為をしていたことが週刊文春の取材によりわかった。

西村氏はカラオケ・クラブから7人のホステスを連れ出し、自らが宿泊するホテルのスイートルームへ呼び入れたという。その後、7人のうち3人の女性が残り、西村氏は3人を相手に行為に及び、対価として3人あわせて600ドル弱を支払ったという。3人の女性のうち2人が小誌に西村氏との行為を詳細に証言。他にもホテルでの目撃者など複数の関係者が買春を裏付ける証言をしている。
めたが、ホステスらを連れ立って客室に入ったことを否定。さらにカラオケ・クラブへの入店、ホステスらとの性行為、600ドル弱の支払いも否定した。

参院選を控えた安倍政権が“アベノミクスの伝道師”を自任する西村氏のスキャンダルにどう対処するかが注目される。
出典:週刊文集

 

ベトナムへ出張した際に、ホテルにホステスを呼んでいたということが週刊文集に取り上げられ、大炎上した問題です。

かなり生々しく詳細が語られていますね。

こちらに関しては目撃証言もあったようで、ほぼ事実だと言われています。

同時期にバスケットボールの日本代表選手が同様の問題を起こし、代表失格となった経緯もあったことから、西村康稔大臣にも責任も問題視されましたが、結局お咎めなしで終わったようです。


まとめ

コロナ担当大臣に選ばれた西村康稔大臣ですが、過去の炎上事例もあり世間からの評判はあまりよくはないようですね。

これから国の一大事を救う法改正に臨まれるわけですから、しっかりとその責務を果たしてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント