大石剛社長(静岡新聞社)の経歴や学歴は?結婚や子供の有無についても!

スポンサーリンク
注目
スポンサーリンク

 

静岡新聞社の社長として「静岡新聞SBSは、マスコミをやめる。」といった強いメッセージを打ち出したことでも知られている大石剛社長。

 

私生活の面でも注目を浴びていますね。

 

そこで今回は大石剛社長について、

 

・プロフィール
・学歴
・経歴
・結婚
・子供
・自宅

 

以上について調査しました。

 


大石剛社長のwikiプロフィール

 

 

【名前】大石 剛(おおいし ごう)
【出身】東京都
【生年月日】1969年9月5日
【年齢】51歳
【祖父】静岡新聞社創業者 大石光之助氏

 

大石剛社長は現在51歳の経営者。

 

シリコンバレーに社員80名を送り込んだり、「静岡新聞SBSは、マスコミをやめる。」といった特徴的な企業広告を打ち出すなど、独特な経営手法が話題となっています。

 

現在は静岡新聞社の社長ですが、この静岡新聞社は大石剛社長の祖父が創業された会社であり、大石一族で経営されている会社です。

 

創業家の血筋だったのですね。

 

大石剛社長の出身大学はどこ?

 

 

大石剛社長の出身大学は成蹊大学法学部です。

 

成蹊大学といえば、安倍晋三元首相の出身大学でもありますよね。

 

成蹊大学法学部の偏差値は60とかなり高く優秀な大学です。(参考:みんなの大学情報)

 

キャンパスの場所は吉祥寺と良い場所にあります。

 


大石剛社長の経歴まとめ!

 

大石剛社長の経歴について振り返ってみましょう。

 

大石剛社長は成蹊大学を卒業した1992年に、広告会社の電通に入社されました。

 

電通では、内勤と営業の両方を担当され、ここでビジネスのいろはを学んだんでしょうね。

 

電通に勤めたのは6年間で、電通退社後の1998年、静岡新聞社・静岡放送に入社されました。

 

静岡新聞社は、大石剛社長の祖父である大石光之助さんが創業された会社であり、代々大石一族が経営されてきた会社でした。

 

2009年には静岡新聞社の取締役に就任されています。

 

このとき大石剛社長は39歳ということで、創業家一族ということもあり、かなり若い年齢で役員に就任されたということになります。

 

そして取締役に就任して2年後、常務へと昇格され、その1年後に社長に就任することになりました。

 

それから2021年現在まで社長を務められているということで、創業家一族で会社を継ぐことが決まっていたとしても、その経営手腕が評価されていなければこれだけ長くは続けられませんよね。

 

現在51歳ということで、これからまだまだ社長を続けていくでしょう。

 

大石剛社長は結婚して子供はいる?自宅がすごい!

 

大石剛社長は現在結婚されていて、お子さんがいらっしゃいます

 

そのお子さんは男の子で、2009年に生まれたとFacebookにありましたので、現在は11歳~12歳ぐらいの年齢なんだそうです。

 

また、数年前から社長を務めているということもあり、かなりお金持ちのようで、ご自宅もかなりの豪邸との噂です。

 

社長に就任されたのは2012年と約9年前ですし、そこからかなりの高額報酬を受け取っていたのですから、積み重ねるとかなりの収入になるかと思います。

 

残念ながらご自宅の画像は見つかりませんでしたが、一度見てみたいですね~

 

まとめ

 

大石剛社長について、

 

・プロフィール
・学歴
・経歴
・結婚
・子供
・自宅

 

以上について調査しました。

 

9年間にわたり様々な施策を行ってきた静岡新聞社の大石剛社長。

 

仕事もプライベートも充実させていってほしいです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント