倉持麟太郎弁護士の経歴や学歴などwikiプロフィールは?結婚や子供の有無も!

スポンサーリンク
注目
スポンサーリンク

 

弁護士としてテレビのコメンテーターも務めている倉持麟太郎弁護士。

 

一時期は山尾志桜里議員との不倫騒動でメディアを騒がせていたこともありました。

 

そこで今回は倉持麟太郎弁護士について、

 

・プロフィール
・学歴
・経歴
・結婚
・子供

 

以上について調査しました。

 


倉持麟太郎弁護士のwikiプロフィール

【名前】倉持 麟太郎(くらもち りんたろう)
【出身】東京都渋谷区
【生年月日】1983年1月16日
【年齢】38歳
【趣味】クラシック音楽

 

倉持麟太郎弁護士は現在38歳の弁護士。

 

弁護士としての専門分野は離婚・男女問題・企業法務だそうです。

 

ツイッターによると、アメリカのクラシック音楽がお好きなようですね。

 

一時期はテレビのコメンテーターとして活躍されていたこともありました。

 

「リベラルの敵はリベラルにあり」という書籍も出版されていました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リベラルの敵はリベラルにあり (ちくま新書 1519) [ 倉持 麟太郎 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/4/27時点)

楽天で購入

 

 

倉持麟太郎弁護士の出身大学はどこ?

 

 

倉持麟太郎弁護士の出身大学は慶応義塾大学法学部です。

 

また、慶応義塾大学卒業後、中央大学法科大学院の道へ進まれました。

 

お父さんの影響でアメリカの映画などをよく見ていたそうで、高校時代から弁護士を目指していたようです。

 

そのために、大学から弁護士の道を目指して、法学部に進んだということになります。

 

慶応義塾大学、中央大学とどちらも国内屈指の大学ですね。

 

慶應義塾大学の在学中に日本の法学者の第一人者ともいえる駒村圭吾さんに出会い、大きな影響を受けたそうです。

 


倉持麟太郎弁護士のこれまでの経歴について

 

 

倉持麟太郎弁護士の経歴について振り返ってみましょう。

 

倉持麟太郎弁護士2012年に司法修習を修了し、晴れて弁護士として登録されます。

 

そしてまず、弁護士法人仁平総合法律事務所に所属されました。

 

2014年11月に退所され、川邉賢一郎さんら同期の弁護士3名で「弁護士法人Next」を設立し見事独立を果たします。

 

2017年ごろには、「弁護士法人Next」代表に就任をされてもいます。

 

その後は弁護士とした日々業務に励む中、慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師や東京雇用労働相談センター担当弁護士、日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事、第二東京弁護士会憲法問題検討委員会幹事などなど数多くの役職を歴任されます。

 

かなり頭が切れる方だったようですね。

 

また、TOKYO MXの『モーニングCROSS』内で日替わりのコメンテーターとして出演していたり、2016年10月、漫画家で評論家の小林よしのりさんが主催する討論会『ゴー宣道場』の師範の1人になるなど、メディアでの活躍の場も増えていきました。

 

 

2017年9月には、蓮舫参議院議員の二重国籍問題の担当弁護士であったことが判明したり、9月には山尾志桜里議員との不倫疑惑が報道され、お互い家庭を持っていたことから、「ダブル不倫」と言われていました。

 

その2017年11月7日、倉持麟太郎弁護士が山尾事務所の政策顧問に近く就任すると報じられるなど、連日メディアに大きく取り上げられていたほどです。

 

当時は山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士とともに不倫を否定したものの、山尾志桜里議員が責任を取る形での民進党幹事長就任を中止、さらには民進党を離党されていました。

 

倉持麟太郎弁護士は結婚している?子供はいるの?

 

倉持麟太郎弁護士さんは以前結婚されており、娘さんがいらっしゃいました

 

ですが、倉持麟太郎弁護士衆議院議員の山尾志桜里議員との不倫騒動があったこともあり、2017年12月に離婚されてしまったと報道されています。

 

また、元奥さんは脳梗塞を患っていたということもあり、お子さんの親権は倉持麟太郎弁護士が持ったようです。

 

かなり複雑なことになっていましたね。。

 

その後、なんと倉持麟太郎弁護士による児童虐待も報道されています。

 

倉持麟太郎弁護士を、子供を母親から引き離した児童虐待行為で、第二東京弁護士会に懲戒請求しました。

倉持麟太郎氏は2018年、離婚で子の親権を取得した立場を悪用し、元妻の口を封じる目的で、「マスコミの取材に応じたら子供には会えなくなるぞ」と元妻を脅迫したことが、週刊文春の同年4月12日号で報道されました。

出典:弁護士の倫理について考える

 

虐待が本当の話だったら、かなりひどいですよね。

 

まとめ

 

倉持麟太郎弁護士について、

 

・プロフィール
・学歴
・経歴
・結婚
・子供

 

以上について調査しました。

 

弁護士としてこれからも、さらなる活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント