四反田凛太(したんだりんた)の作品がすごい!wikiプロフィールや高校についても!【激レアさん】

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

 

2020年9月12日に放送される「激レアさん」で15歳にして国際映画祭の優秀賞を最年少で獲得した四反田凛汰さんについて紹介されていました。

 

小さいころから映画を撮り続け、ついには優秀賞をも受賞してしまうほど高い実力を誇る四反田凛汰さん。

 

今回はそんな四反田凛汰さんについて、

 

・プロフィール
・本名
・映画のきっかけ
・両親
・高校
・作品

 

以上についてまとめました。

 


四反田凛太のwikiプロフィールまとめ!名前は本名?

 

【名前】四反田 凛汰(したんだ りんた)
【出身】大阪府
【生年月日】2003年9月26日
【年齢】16歳

 

少し珍しい名前ですが、四反田凛汰さんのお名前は本名だそうです。

 

映画監督として、印象に残りやすい名前かもしれませんね。

 

現在16歳ですが、16歳とは思えないほど考え方や発想は大人びています。

 

堂々とした話しぶりは16歳には思えませんね。。

 

四反田凛太が映画を撮り始めたきっかけは?

 

 

四反田凛太さんは、小さいころから小説が好きだったことから、最初は小説家になりたいと思っていたそうです。

 

その中で、小説をずっと書いているうちに、自分の書いた小説を映像化したいという思いを持つようになり、映画監督を目指すようになりました。

 

なんと撮影を始めたのは小学校3年生頃のことで、そこからたくさんの作品を撮ってきたそう。

 

映画の撮影はもちろんのこと、劇団からのオファーで脚本を書いたり、色々なミュージシャンのミュージックビデオを撮ったりと、様々な活動をされているんです。

 

そうして、2019年8月には「或いは。」という作品が門真国際映画祭で優秀作品賞・最優秀編集賞を受賞、2019年11月に、『偶然出会った20歳の男女2人のロードムービー』を描いた作品で若手脚本家の登竜門とされるシナリオコンクール「フジテレビヤングシナリオ大賞」の佳作に選ばれるなど、着実に実績を積み上げていきます。

 

将来の夢は、「あの人の作る映画は絶対おすすめできる」と思ってもらえるような「名誉」ある映画監督になることだそう。

 

四反田凛太さんなら、絶対なれますね!

 


四反田凛太の高校はどこ?

 

 

四反田凛太さんは現在通信制の高校である「ルネサンス大阪高校」に進学しています。

 

ルネサンス大阪高等学校とは、全国どこからでも入学可能な広域通信制高校で、スマホやタブレット、PCを利用した自宅学習がメインで、年5日ほどの登校で卒業可能な学校でもあります。

 

 

四反田凛太さんは映画監督として作品作りに専念するため、当初は高校に通う気はなかったようです。

 

ですが、お母さんがインターネットでこのルネサンス大阪高等学校を知り、「自分がやりたいことに的確な道筋」と直感的におもしろそうだと思い受験をされたそうです。

 

四反田凛太さんのように、やりたいことが固まっている人にとってはぴったりの学校なのかもしれませんね。

 

四反田凛太は父親や母親は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

令和もワタクシをよろしくお願いします。 最近波に乗りまくってます。 頑張ります。

シタンダリンタ(@ndandarinta)がシェアした投稿 –

 

四反田凛太さんのお父さんは音響関係のお仕事、お母さんはボーカリストと両親ともに音楽業界の関係者なんだそうです。

 

そのため、昔からいろんな音楽が流れる環境にあり、かなり昔の曲なども知っているんだとか。

 

昔の知識があったからこそ、大人にも物怖じせず話しかけたりできるような性格になったんだそうです。

 

そういった環境にあったからこそ、四反田凛太さんは映画を作るという仕事に興味をもったのかもしれませんね。

 

四反田凛太の作品一覧まとめ!

 

こちらでは四反田凛太さんの作品についてご紹介します。

 

ご自身のYoutubeチャンネルで公開しているものを多いので、是非見てみてください!

 

「或いは。」

映画『或いは。』

15歳(現在16歳)の映画監督•シタンダリンタが撮った中学生最後の作品。
門真国際映画祭にて優秀作品賞•最優秀編集賞を受賞。
若気の至り全開で送る青春SFエンターテイメント。

出典:シタンダリンダYoutubeチャンネル

 

こちらの作品はすべてスマホで撮影したというのだから驚きです。

 

脚本から編集まですべて一人でこなした作品で、制作料は全部で7000円だとか。

 

「散ルカモネ」

映画『散ルカモネ』

ドラマ「どこからともなく」

ドラマ『どこからともなく』 − #1

 

四反田凛太さんが一人二役をこなした、マンションの一室のみで繰り広げられる生と死の物語。

 

連ドラ形式として続いており、楽しめる内容になっています。

 

「そのママ弾いて」

映画『そのママ弾いて』 特報

2020年中に公開予定となっているのがこちらの作品。

 

16歳の監督と50歳の新人女優がタッグを組んだエンターテインメントとして紹介されています。

 

まとめ

 

四反田凛汰さんについて、

 

・プロフィール
・本名
・映画のきっかけ
・両親
・高校
・作品

 

以上についてまとめました。

 

これからの活躍が楽しみすぎる四反田凛汰さん。

 

今後も多数の作品を公開予定とのことなので、新たな作品に期待しましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント