伊集院静の現在や若い頃もすごい!経歴や病気・wikiプロフィールも

スポンサーリンク
伊集院静 病気 プロフィール エンタメ
スポンサーリンク

「大人の流儀」や「乳房」「受け月」で知られる作家・作詞家の
伊集院静さん

 

数多くのベストセラーを出版されており、
直木三十五賞や柴田錬三郎賞といった賞も受賞された
経歴を持っています。

 

そんな伊集院静さんですが、くも膜下出血で病院に緊急搬送された
過去もあります。

 

今回は、伊集院静さんのプロフィールや経歴、病気、
それから現在について詳しく調査します。

 


伊集院静のwikiプロフィール!

 

まずは、伊集院静さんのプロフィールから見ていきましょう。

 

【名前】伊集院 静(いじゅういん しずか)
【本名】西山 忠来(にしやま ただき)
【生年月日】1950年2月9日
【年齢】72歳

【出身】山口県
【職業】作家・作詞家
【活動期間】1981~現在

筆名「伊集院静」の由来

 

「伊集院静」の筆名の由来は、自身がつけたのではなく、
とある広告代理店に入社するはずだったコピーライターにつけられる
予定の名前だったそう。

 

確かに、「静」という名前は女性によくつけられる名前ですからね…。

伊集院静の家族について

 

伊集院静さんは、結婚と離婚を2回繰り返し、現在の奥様は
女優の篠 ひろ子さんです。

 

篠ひろ子さんは、1968年から1990年代に活躍された
女優さんで、1997年に女優業を引退されています。

 

篠ひろ子さんが引退されてからは、仙台にお引越し。
現在は家族でのびのびとすごしているそうです。

伊集院静のこれまでの経歴!若い頃がすごい!

続いて、伊集院静さんの経歴について紹介していきます。

伊集院静さんの作家活動

 

伊集院静さんが作家デビューしたのは、1981年
デビュー作は月刊小説誌、小説現代に発表した「皐月」。

 

1991年には、伊集院静さんの代表作ともなる「乳房」を出版。
第12回吉川英治文学新人賞を受賞しました。

 

さらにその翌年となる1992年には、「受け月」で第107回直木賞、
1994年「機関車先生」で柴田鎌三郎賞を受賞しました。

 

その後も、2022年現在まで作家活動をされており、
これまでに発表した作品数はのべ100作品を超えています。

伊集院静さんの作詞活動

 

伊集院静さんは作家としてだけでなく、作詞家としても活動し、
数々のアーティストに歌詞を提供していました。

 

有名な曲ですと、マッチさんこと近藤正彦さんの
「ギンギラギンにさりげなく」です。

 

近藤正彦さんだけでなく、とんねるずさん、NEWS、KinKi Kids
といった有名アーティストの作詞も手がけてきました

伊集院静は病気だった?

作家として順風満帆な人生を送っていた伊集院静さんですが、
2020年に「くも膜下出血」で倒れ、緊急搬送されたご経験があります

 

一般的にはくも膜下出血が発症してから24時間以内(特に最初の6時間以内)に再出血を起こすことが一番多いといわれています。そして、再出血を起こした場合の死亡率は約50%
、再々出血後の死亡率は約80%以上といわれています。
引用:おおたか脳神経外科・内科

 

死亡率50%という生死の境界を乗り越えた伊集院静さん。

 

意識が回復し、リハビリを経て退院するまで約2か月間。

 

その後のテレビ出演した際には、「なかなか難しい病気だった」と振り返っていました。

 

難病に患ったものの、復帰し活動を続け、病気のことや自身の経験を
発信している伊集院静さん。

 

それはきっと伊集院静さんだからこそできることでしょうね。

 

伊集院静は現在は?

 

そんな伊集院静さんの現在についてですが、現在も連載活動等をされています

 

現在連載活動をされている週刊誌は以下の3つです。

 

・毎週月曜発売・週刊現代『それがどうした 男たちの流儀』
・毎週木曜発売・週刊文春『悩むが花』
・毎週月曜発売・週刊プレイボーイ『大人のカタチを語ろう。』

作家の活動だけでなくその他、テレビ出演・ラジオ出演もされています。

まとめ

 

今回は、作家伊集院静さんについて調査致しました。

 

数々の作品を手がけてきた人生の中で、くも膜下出血と戦った経験を持つ伊集院静さん。

 

今後、どんな作品を執筆していくのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント