デヴィ夫人の孫の学校や年齢は?現在が超イケメンでインスタ画像も!

スポンサーリンク
デヴィ夫人 孫 学校 年齢 現在 超イケメン インスタ画像 エンタメ
スポンサーリンク

バラエティー番組でも幅広く活躍をされているデヴィ夫人。

 

デヴィ夫人といえば、インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人としても有名です。

 

若いころのデヴィ夫人はびっくりするほどの美人。

 

そのデヴィ夫人の孫がかなりのイケメンと話題です。

 

調べてみました。

 


デヴィ夫人の孫キランくんのwikiプロフィール!身長や年齢は?

 

【名前】フレデリック・キラン・スカルノ・ゼーガース
【生年月日】2006年
【年齢】15歳(2021年時点)
【小学校】 パップルウィックスクール (イギリス)
【中学校】 セブンオークス校 (イギリス)
【得意なスポーツ】 サーフィン、スキー

 

キランくんは2006年生まれの現在15歳です。

 

正確な生年月日までは非公表で、残念ながら情報がありませんでしたが、現在はイギリスで生活されています。

 

身長はすでに180cmを超えています。また、英語、フランス語、オランダ語、インドネシア語、日本語、ラテン語の6か国語を話す秀才。

 

スポーツもサーフィンやスキーなどをされており、スキーに至ってはジュニア大会で優勝する腕の持ち主です。

 

勉強もできて、スポーツも万能。そしてイケメンで高身長。いうことなしです!!

 

デヴィ夫人の孫キランくんの学校はどこ?

 

デヴィ夫人の孫キランくんの学校ですが、イギリスの学校に通っていることが分かっています。

 

6~13歳ではイギリスの名門パップルウィックスクールに通っていました。2019年にこのパップルウィックスクールを卒業し、その後セブンオークス校へ進学しています。

 

この学校はイギリスのケント州セブンオークスにあり、1432年に設立された名門校となります。

 

この学校でキランくんは18歳まで過ごすことになります。

 

キランくんは成績優秀で、パップルウィックスクールではクラスでトップ。

 

ゆくゆくはイギリス名門のオックスフォード大学を目指しているようです。

 

ちょっとレベルが違いすぎますよね(笑)

 

デヴィ夫人の孫キランくんの現在がイケメンすぎる!

 

デヴィ夫人のインスタグラムには、キランくんと西麻布の中華料理店で食事したことを報告していますが、その内容には身長が181cmの長身で声変わりもし、好青年になっているとあり、実際の画像を見るとかなりのイケメンです。

 

キランくんはデヴィ夫人とインドネシアのスカルノ元大統領との間に授かった一人娘のカリナさんが、オランダ人男性との間にもうけたお子様であり、英語、フランス語、オランダ語、インドネシア語、日本語、ラテン語の6か国語を話す秀才。

 

また、スポーツもバリバリで、サーフィンやスキーなどをされており、スキーに至ってはジュニア大会で優勝する腕の持ち主です。

 

そんなキランくんの写真を見た方からは「かっこいい」、「金スマスペシャルでインドネシアにデヴィ夫人がいかれた時にあまりの美少年ぶりに衝撃を受けた」、「頼もしそう」との賛辞が沢山ありました。

 

たしかにかっこいいですよね。

 

デヴィ夫人の孫のインスタ画像はある?

 

そんなイケメンのキランくん。

 

キランくんのインスタがないか調べてみましたが、本人のアカウントは確認できなかったものの、デヴィ夫人やデヴィ夫人の娘さんでキランくんのお母さんであるカリナさんのインスタには画像がよく載っていました。

 

実際に時系列で見てみると

 

2018年のクリスマスの写真。

 

 

2019年7月にSNSにアップされていましたが、キランくんが小学校を卒業した際の画像です。

 

 

2019年年末の画像ですが、デヴィ夫人が家族とクリスマスを過ごすためにアムステルダムに行った際の画像です。

 

日本人、インドネシア、オランダの血を持ったキランくん。

 

横顔もさることながら、とにかく目がきれいですね!!

 

イケメンといわれるのも納得です。それ以上にデヴィ夫人の満面の笑み。

 

お孫さんが可愛くて仕方がない感じが物凄く伝わってきます。

 

まとめ

 

現在まだ中学生のキランくん。

 

高身長で、イケメンであれば、今後モデルの仕事などもあっておかしくありません。

 

現在、学業に精を出していることは間違いありませんので、本当に将来が楽しみです。

 

将来、デヴィ夫人と共演・・・なんてことも今後あるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント