斎藤工の国籍やハーフの噂は?身長や年齢・経歴にwikiプロフィールも

スポンサーリンク
斎藤工 国籍 ハーフ 身長 年齢 経歴 wikiプロフィール エンタメ
スポンサーリンク

斎藤工さんは俳優業だけでなく、バラエティー番組や映画監督など多種多様に活躍をされているマルチタレントさんです。

 

高身長に甘いマスク。色気がかなり出ていて、同性からもかっこいいなど多くのコメントが寄せられる大人気俳優です!

 

今や多くの番組・CMなどにも出演されているため、認知度は高い芸能人ですが、いったいどのような方なのでしょうか?

 

調べてみました!

 


斎藤工のwikiプロフィール!身長や年齢は?

 

【本名】斎藤工(さいとうたくみ)
【生年月日】1981年8月22日
【出身地】東京都
【年齢】40歳
【身長】184cm
【体重】74kg
【血液型】A型
【小学校】世田谷区立山崎小学校 (6年生まで:東京シュタイナーシューレ)
【中学校】世田谷区世田谷中学校
【高校】日本学園高等学校
【職業】俳優、映画監督、映画評論家、YouTuber
【所属】ブルーベアハウス

 

斎藤工さんは現在40歳のベテランタレントさんです。

 

6歳から東京シュタイナーシューレ(現:シュタイナー学園)へ入学、その後世田谷区立山崎小学校へ転校しています。

 

サッカーの強い中学校へ行くためにこの小学校へ転校したということのようですが、身長は184cmと高身長であることから、このサッカーが要因で急激に身長がのびたのではないかと思います。

 

モデル以外にも、映画監督、俳優、YouTuberとと幅広く活躍を見せている、日本芸能界でも今や知らない方がいないほど活躍されている俳優さんとなります。

 

斎藤工の国籍は?

 

斎藤工さんの国籍が日本ではないのではないか?といったコメントがよくありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

結論としてはおもいっきり日本人です。そのため国籍も日本です。

 

ではなぜ国籍が日本ではないのでは?という疑惑が生まれたのか・・・。

 

これには様々な要因があると推定されます。

 

1点目には、小学校が要因の一つになっているかもしれません。

 

日本人の固定観念でよくあるのは、小学校や中学校は地元の学校に行くというという認識です。

 

それが、斎藤工さんのプロフィールを見ると、小学校が東京シュタイナーシューレという学校に通っていたという点。パッと見るとインターナショナルスクールなのではないかと感じてしまいます。

小学4年生の時はお姉さんと一緒にイギリスのサマースクールにも参加しています。

 

2点目としては、高校時代からバックパッカーとして世界中を飛び回っていた点

 

世界でいろいろな体験をしたいという思いだったようですが、実際にはタイに行った際に素足で行動していたり、現地の雰囲気にめちゃくちゃマッチしているところも日本人離れしているように映ったのかもしれません。

 

いずれにしても閉鎖的な日本の環境下では決して生まれにくいアクティブな行動に、国籍が違うのではないか・・・と思われたのかもしれませんね。

 

斎藤工のハーフの噂は?

 

斎藤工さんは海外国籍の噂もありますが、実は国籍は日本で、斎藤工さん自身がハーフなのでは?という噂も存在します。

 

斎藤工さんのご両親を確認しましたが、どちらも日本人でしたので、斎藤工さんがハーフである可能性は極めて薄いです。

 

こちらも数点要因があると考えられます。

 

まずはご自身で書いている漢字がとにかく誤字が多すぎるという点。

 

2013年の大河ドラマ「八重の桜」の撮影時に、「演技をする上での心構え」をご自身で記載したノートを番組で取り上げられたことがあるのですが、その記載した漢字が誤字ばかりだったということ。

 

これを見た方はもしかすると日本人ではないのではないか?と思ったのだと思います。

 

そしてもう1点。これは完全に見た目です。

 

少し色黒な肌に、髭やパーマが似合う日本人離れした雰囲気。

 

顔立ちがはっきりしている点からも日本人ではないのでは?と憶測が出たのだと思います。

 

斎藤工のこれまでの経歴!若い頃からすごい!

 

斎藤工さんは1988年3月の小学6年生まで東京シュタイナーシューレへ通っていました。

 

この東京シュタイナーシューレは教育者であり哲学者のルドルフ・シュタイナーの教育理論を実践する学校で、自発的な遊びや体験を通して自らの感性を磨いていく学校です。

 

この学校での教育が斎藤工さんの人生での大きな方向性を作ったのではないでしょうか。

 

実際に、小学4年生の時にイギリスのサマースクールに参加し、日本では味わうことのできない世界の体験を得ています。

 

中学校からは父親の仕事の影響もあり映画にのめり込んでしまい、このころから俳優業にも関心を示したようです。

 

実際にこのころに父親に勧められたシリーズ映画「仁義なき戦い」
は「自分を作っている最大のルーツ」と語っています。

 

高校からは自身の夢を実現するために、自ら芸能事務所を探し、インディゴへ所属。

 

芸能活動をスタートさせます。当時は「TAKUMI」という名前で、メンズノンノのモデルをするなどモデル業を中心に活動。また、モデルをしながら高校生活を送りつつ、春休みなどを利用して世界12か国~13か国をバックパッカーとして周る生活もしていたようです。

 

当然バックパッカーとして旅行していたため、お金もなかったのですが、お金を調達するため現地のモデルオーディションに参加して資金調達をするなど、とにかく想像もつかないほどハングリー精神。

 

映画監督になりたいという夢を追うため、まずはモデルから初めていたというのですから自身の人生スケジュールが本当に緻密ですよね。

 

そして、高校卒業して、2001年の11月24日。遂に映画「時の香り リメンバー・ミー」で俳優デビュー。

 

これを機にドラマなど様々に出演をされるようになりました。

 

当時は下積みも重ねていましたが、愚直に仕事をこなしてきたのでしょうね。

 

2012年には念願の「サクライロ」のショートムービーで映画監督デビュー。

 

2014年にはドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」でブレイク。

 

このころからは仕事も安定してきたのでしょうね。 ドラマに映画、CMなどの出演を沢山されるようになりました。

 

まとめ

 

最近特に番組でも見るようになった斎藤工さん。

 

普段はあまり言葉をしゃべらない控え目なイメージもあり、またドラマなどでは落ち着きのある男性役をするイメージがあったのですが、最近ではお笑い系の番組にも出ておられ、今までの斎藤工さんと違った印象を持ち始めました。

 

お茶目な一面もあり、なぜか引き込まれる方です。

 

今後の活躍が楽しみです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント