白石和彌は結婚して嫁や子供がいる?韓国との関係や身長にwikiプロフィールも

スポンサーリンク
白石和彌 結婚 嫁 子供 韓国 身長 wiki プロフィール エンタメ
スポンサーリンク

映画界のレジェンド、日本映画でお馴染みの
風雲児と呼ばれている白石和彌さん。

 

これまでに数多くの名作を世に生み出してきており、白石和彌さんの作品を日本人なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

映画に対する情熱は本当にすごいものがあります。

 

気になる白石和彌さんの

 

・プロフィール
・身長
・経歴
・韓国出身の噂
・結婚
・嫁
・子供

 

について調べてみました。

 


白石和彌のwikiプロフィール!身長は?

名前 白石和彌(しらいしかずや)
生年月日 1974年12月17日
年齢 47歳
身長 170cm前後
出身地 北海道旭川市
職業 映画監督
マネージメント会社 有限会社フラミンゴ(映画)、
ROBOT(CM、演出 2019年より)

 

白石和彌さんの身長は
約170cm前後で、小柄ですね。

 

映画の撮影現場の中で、ハラスメント行為は禁止と
宣言されていることでもよく知られており、役者やスタッフに対する配慮や思いは業界屈指です。

 

とっても優しい性格であることがわかります。

 

白石和彌はこれまでの経歴!

白石和彌さんのこれまでの経歴について調べてみました。

 

まず、生い立ちについてですが、
中学生にして日活ロマンポルノを見て、
映画に関する興味を持たれていたようです。

 

その時すでに白石和彌さんは将来についてしっかりと考えていたのだと思います。

 

高校は地元北海道の旭川西高校に在籍し、1993年春、卒業されました。

 

そして、札幌市の映画技術専門学校を卒業し、
東京に上京し映像関係の仕事に付きます。

 

上京先では、映画監督になるのを夢見て
3人の師匠に従事することになります。

 

その方々は名監督として一流の知名度を誇っており、

 

・若松孝仁監督
・行定勲監督
・犬童一心監督

 

のもとで映画に関係することを学んだのです。
その甲斐あり、2009年に白石和彌さんも
念願の映画監督としてデビューします。

 

映画監督として徐々に実力をつけ、
数々のヒット作品を生み出します。

 

代表作としては日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した映画「凶悪」をはじめ、
「孤狼の血」、「孤狼の血 REVEL2」、「サニー/32」、
「日本で一番悪い奴ら」、「彼女がその名を知らない鳥」
などなど、多くのファンの人気を集めています。

 

そして2018年、2019年はブルーリボン賞を受賞し、
日本映画界に貢献されています。

 

こうしてみますと、白石和彌さんにとって監督の仕事は
今まで培った経験と苦労があって努力されたのがわかりますね。

 

これまでかなり苦労されたこともあったと思いますが、それでも
しっかりと努力をされ、素晴らしい作品を世に残してきたのですね。

 

白石和彌が韓国出身との噂は本当?

白石和彌さんが韓国出身なのかどうかについて調べてみましたが、
そのような噂はありませんでした。

 

それではなぜ韓国との関係性がネット上で疑われているのかというと、その理由は第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭が
韓国のプサンで開催されたことに由来します。

 

プチョン国際ファンタスティック映画祭の中でも、
ワールド・ファンタスティック・レッドレッド部門に
白石和彌さんが手かけていた映画「孤狼の血」が正式出品し
ノミネートされたんです。

 

それから、映画「孤狼の血」は
国際ファンタスティック映画祭で披露されました。

 

白石和彌さんがその際、ティーチインに上ってスピーチをされたのですが
映画を作った目的は、イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン
といった韓国を代表する俳優たちが共演した
韓国映画「新しき世界」を参考にして作ったと語っていました。

 

つまり、白石和彌さんと韓国との関係は、韓国のプサンで行われた
プチョン国際ファンタスティック映画祭で発言をされたためだったと思われます。

 

色々な思いで映画を作られているのですね。

 

白石和彌は結婚して嫁や子供がいる?

 

白石和彌さんは結婚して嫁や子供がいるのかどいうか
について調べてみたところ、
結婚 されていることが判明しました!

 

白石和彌さんが32歳だった2007年2月28日に
お嫁さんの誕生日に合わせて結婚しました。

 

結婚してから今年で15年の記念日ですね。

 

そのエピソードとして、
白石和彌さんは札幌市の映画技術専門学校卒業後、
北海道では仕事が見つからず、東京に上京しました。

 

東京なら映像の仕事があり、夢を現実にすることを目指して
撮影所で修業しながら取り組んでいたところ、
縁あってお嫁さんと出会い結婚に至りました。

 

お嫁さんの名前や年齢は一般人の方なので情報は分かりませんでした。

 

子供については、娘が1人おり、
年齢は15歳で、現在でいうと中学3年生ということになりますね。

まとめ

 

白石和彌さんのことをあらゆる視点から調べてみました。

 

映画監督として当事者意識を考えながら
責任をもって仕事をされていましたね。

 

また、セクハラ、パワハラといった
ハラスメント防止研修をして問題を解決する姿を見ていると、
一般人である私たちにとっても同じことがいえるのではないでしょうか。

 

さらに、映画製作を通していい作品を作り続けていくことでしょうね。

 

これからの日本の映画界の未来を担う白石和彌さんに乞うご期待!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント