知念実希人の本名やwikiプロフィールは?結婚や子供についても!

スポンサーリンク
知念実希人 本名 wikiプロフィール 結婚 子供 エンタメ
スポンサーリンク

ミステリー作家の知念実希人さんの「硝子の塔の殺人」が2022年本屋大賞候補作にノミネートされました。

 

2018年から3年連続、本屋大賞にノミネートされており、多くの人の心を惹きつける作家さんです。

 

そんな知念実希人さんの本名やプロフィール、結婚や子供について調べてみました。

 


知念実希人のwikiプロフィールは?本名は?

 

【名前】知念実希人 【苗字:本名 名前:ペンネーム】
【生年月日】1978年10月12日
【年齢】43歳 (2022年時点)
【出生地】沖縄県南城市
【大学】東京慈恵会医科大学医学部医学科
【所属】ストレートエッジ

知念実希人さんは1978年10月12日、沖縄県南城市に生まれました。

 

その後、東京都へ移り住み、巣鴨の中学校・高校を卒業後、東京慈恵会医科大学医学部医学科を卒業されています。

 

幼少期から本が大好きで、特にシャーロックホームズなどのミステリーものを良く読んでいたそうです。

 

父親も祖父も医者であったことから、自身も当然医者という道になるだろうと思いつつも、心の中では小説家になりたいという気持ちを持ち続けていたそうです。

 

現在は内科医として働きながら、小説の執筆もするという二足の草鞋を履いた異色の作家さんです。

 

ちなみに「知念実希人」という名前が本名かどうか調べてみましたが、おそらく姓の「知念」は本名で 「実希人」はペンネームではないかと思われます。

 

「知念」という名字は沖縄の「知念村(現南京市に合併)」に由来しているそうです。

 

知念実希人のこれまでの経歴は?

 

知念実希人さんが作家への夢を持ったのは小学生のころです。

 

本好きであった少年時代であったことは記載した通りですが、小学校の卒業文集に作家になりたいと書いていたそうです。

 

知念実希人さんの家系の大半が医者という境遇であったことから、医者になることが当然という環境下の中で、小説家になるという夢も持ち続けていました。

 

医者になってから小説を書き続けて応募していたようですが、遂に花開くことになります。

 

2011年の第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞したのです。作品は「レゾン・デートル」です。

 

その受賞をちょうど33歳の誕生日で知ったため、たいそう喜ばれたようです。

 

2012年には、同作を「誰がための刃レゾンデートル」に改題し、念願の作家デビューを果たします。

 

その後に執筆した本格的な医療ミステリー「病棟シリーズ」はヒットを連発。「仮面病棟」や「時限病棟」はベストセラーになりました。

 

他にも「天久鷹央の推理カルテシリーズ」、「死神シリーズ」、「神酒クリニックで乾杯をシリーズ」がありますが、2018年「崩れる脳を抱きしめて」、2019年「ひとつむぎの手」、2020年「ムゲンのi」、2022年の「硝子の塔の殺人」はいずれも本屋大賞にノミネートされています。

 

作家として優れた文章力があるのは培ってきた語彙力もさることながら、医学的な分野に精通していることもあり、臨場感はやはり現場を体験しているからこそと感じる部分はあります。

 

実際にばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した際の選考委員の島田荘司さんは「背後に存在する深い医学的知見に圧倒される」と評したそうです。

 

知念実希人は結婚して子供がいる?

 

知念実希人さんが結婚しているか調べてみましたが、残念ながら詳しい情報を探すことはできませんでした。

 

あるインタビューで小説の執筆をする際には朝から夕方まで、会員制の図書館で実施するとありました。

 

仕事に集中するために・・・ということだとは思いますが、結婚しているとなかなか1日中図書館にいるということは出来ません。

 

おそらく独身ではないかと私は想像致します。

 

また、詳しい情報がありましたら更新したいと思います。

 

知念実希人の高校や大学など学歴は?

 

知念実希人さんは生まれは沖縄県ですが、幼少期には東京都にいました。

 

中学・高校ともに巣鴨中学校・高校に通っていたようです。

 

同校は東京都豊島区にある中高一貫校で、男子校だったようです。

 

大学に関しては、東京慈恵会医科大学医学部医学科を卒業されています。

 

やはり医者という家系である以上、大学は医学系を目指していたようです。

 

まとめ

 

医学的な知識を多様に持ち合わせた異色の作家である知念実希人さん。

 

Twitterでも14万人以上のフォロワーがいる人気ぶりは今後も衰えることはないかと思います。

 

私も一度知念実希人さんの小説を読んでみたいと思いました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント