千住真理子の若い頃から現在までがすごい!子供の頃や父親や母親に家族構成

スポンサーリンク
千住真理子 若い頃 現在 子供の頃 父親 母親 家族構成 エンタメ
スポンサーリンク

世界でも活躍する有名バイオリニスト・千住真理子さん。

 

幼少期から「天才少女」と呼ばれ、
現在も日本を代表するバイオリニストとして活躍しています。

 

今回は、千住真理子さんのプロフィールとともに、
これまでの経歴や家族について紹介しましょう!

 


千住真理子のwikiプロフィールは?

 

【本名】千住 真理子(せんじゅ まりこ)
【生年月日】1962年4月3日
【年齢】60歳(2022年11月現在)
【出身地】東京都杉並区
【血液型】B型
【ジャンル】クラシック音楽

 

千住真理子さんは現在60歳で、
結婚はされていません。

 

しかし過去には2度結婚の経験があります。

 

1度目の結婚はまだ若い20歳頃で、
お相手はお医者さんだったんだとか。

 

しかし1年も満たない期間で離婚されています。

 

そして2度目の結婚は30歳の時で、
お相手は日銀勤めの男性でした。

 

しかし2度目の結婚もうまくいかず離婚。
その後はずっと独身でいます。

 

千住真理子さんはとてもお綺麗な方なので、
離婚後もきっと多くの男性からモテてきていることでしょう。

 

しかし2度の離婚から、もう結婚はこりごりと思っている
のかもしれませんね!

 

千住真理子の若い頃から現在までの経歴!子供の頃からすごかった

 

千住真理子さんがバイオリンを始めた時期は
2歳3ヶ月の頃です。

 

そんな小さい時にバイオリンを始めたことに
驚く方も多いでしょう!

 

それからずっとバイオリンをやってはいたものの、
小学校低学年まではほとんど練習しなかったそうです。

 

本格的にやり始めたのは小学校高学年の頃で、
10歳の時に全日本学生音楽コンクールに出場。

 

初めてのコンクール出場で、
東京大会小学生の部第2位という輝かしい成績を残しました。

 

翌年には第1位の輝き、「天才少女」と話題になりました。

 

そして12歳でプロデビュー。
15歳の時に日本音楽コンクールを最年少で優勝。

 

17歳の時にパガニーニ国際コンクールに出場し、
最年少で4位入賞に輝き、世界でも注目を集めました。

 

慶應義塾大学文学部哲学科に進学しますが、
大学時代には自分を見つめ直すために
バイオリンを一時辞めています。

 

あれだけの才能がある方が、
音楽学校出身ではないことにも驚きました!

 

その後は再びバイオリンをやることを決意し、
海外でもデビューを果たしています。

 

1993年には文化庁の芸術作品賞を受賞。

 

1994年には村松賞、1995年にはモービル音楽賞奨励賞受賞するなど、
日本を代表するバイオリニストとして注目を集めました。

 

さらに千住真理子さんと言えば、
世界で4人しか持っていないと言われている
1716年製のストラディヴァリウスを愛器としています。

 

このバイオリンは数億円もすると言われています。
かなり高級なバイオリンですね!

 

現在もバイオリニストとして活躍する千住真理子さんは、
とにかく若い頃からかなり凄い方だったことがわかりました!

 

千住真理子の実家や家族構成は?

 

千住真理子さんは東京都杉並区出身で、
家族は両親とお兄さんが2人いる5人家族です。

 

バイオリンを始めたのは、音楽好きだった祖父母の影響だそうですが、
家族皆とても凄い方と話題になっています。

 

一番上のお兄さんは、日本画家の千住博さんで、
二番目のお兄さんは作曲家で音楽プロデューサーを
されている千住明さんです。

 

過去には3兄弟でコラボレーションしたことでも
話題となりました!

 

兄弟揃って才能があるなんて、すごいですよね!
しかもそれぞれが違う才能ということにも
驚きました。

 

千住真理子は父親や母親はどんな人?

 

千住真理子さんの父親は、慶応義塾大学名誉教授で
工学博士として活躍した千住鎮雄さんで、
母親はエッセイストで教育評論家の千住文子さんです。

 

父親は2000年に、母親は2013年に病気で
すでに亡くなられていますが、
千住真理子さんのご両親は2人ともすごい人物だったんですね!

 

まとめ

 

以上、バイオリニストの千住真理子さんについて
紹介しました!

 

千住真理子さんは現在も活躍する有名バイオリニストであり、
その実力は若い頃から凄かったことがわかりました。

 

さらに家族全員も様々なジャンルで活躍をしており、
すごい家庭で育ったことにも驚きました!

 

千住真理子さんのこれからの活躍にも
注目が集まりそうですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
たきもりの森

コメント