【元吉本芸人】過去に吉本興業に所属し独立や退社、移籍した芸人まとめ!

スポンサーリンク
エンタメ

吉本興業の闇営業問題に始まり、岡本社長の会見に組織体制の問題と

まだしばらくは吉本問題が続きそうですが、

吉本興業に所属する若手芸人の中には、会社を批判する方も増えてきています。

加藤浩次さんも、一時期は「このままだったら吉本興業をやめる」という

発言までありましたね。

もしかすると、これから吉本興業をやめるて他の事務所に移ったり、

独立していく人が増えていく可能性もありますね

現在、吉本興業以外に所属する芸人さんについては

こちらの記事でまとめています。

かつて吉本興業に所属していた芸人さんの中で、現在独立や移籍、

退社を選ばれた方もたくさんいらっしゃいますよね。

その中で、「この人は昔吉本興業所属だったのか!」というような方や、

一度吉本を辞めた経験がある方などを今回は紹介していきます!

 

島田紳助さん

 

島田紳助さんが吉本興業だったのは有名ですよね。

2011年のあの事件で、芸能界を引退されました。

その後は全く表舞台には立っていませんが、今回の吉本の問題に

ついてはコメントを残していました。

まだまだ影響力のあるということですね。

 

カンニング竹山さん

 

カンニング竹山さんが以前吉本所属だったとは知りませんでした!

もともとは福岡県出身の竹山さんですが、福岡吉本

第1期生として所属してたんです。

博多華丸さん、博多大吉さんが同期に当たるんです!

意外ですよね〜

ですが竹山さんは「福岡で売れても意味がない」と言って

たった1年で福岡吉本を退社し上京しました。

その後、相方である中島さんとコンビ「カンニング」を結成し、

渡辺プロダクションへ、そして関係者の紹介で

サンミュージックへ移籍。

そこからフリーフォークスという個人事務所を経て、再度

サンミュージックへ戻ってきました。

4つもの事務所を経験されていたんですね。

上京された覚悟もすごいです。

 

ヒロシさん

 

ヒロシさんも若手時代は福岡吉本に所属していました。

福岡吉本時代はコンビで活動されておりましたが、

あまり人気が出なかったよう。

一度ホストの道進みますが、かなり苦労されたようで、

再び芸人として復活します。

あの有名な「ヒロシです」のコントですね。

オーディションを多数受け続ける中で、サンミュージックから

声がかかり、事務所に所属することに。

現在は有限会社ヒロシ・コーポレーションを設立されています。

 

島田洋七さん

 

島田洋七さんが吉本興業に所属していたことは有名かもしれません。

2回ほど吉本興業を離席した過去があったようです。

島田洋七さんといえば、「佐賀のがばいばあちゃん」シリーズの

大ヒットでよく知られていますが、

そのがばいばあちゃんの権益を巡って吉本興業と対立したのでは、

といった話もあがっていました。

現在はオスカープロモーションに所属されています。

 

大平サブローさん

 

大平さんは当初松竹芸能の漫才コンビとしてデビューしていました。

その後吉本興業に所属しますが、東京での仕事を希望し

吉本興業から独立します。

独立後、レギュラー番組を降ろされるなどかなり苦労されました。

それに耐えかねて、吉本興業に謝罪をして復帰することになったそうです。

現在も吉本興業に所属し、数多くのレギュラー番組に出演されていますね。

 

コカドケンタロウさん

 

ロッチのコカドさんは現在ワタナベエンターテインメント

所属していますが、もともと吉本興業に所蔵していました。

東京進出のため吉本興業を辞め、何度かコンビを組み直しており、

事務所も吉本興業からプロダクション人力舎、そして

ワタナベエンターテインメントと多くの事務所を経験。

2005年に中岡さんと出会い、ロッチを結成されました。

 

バイきんぐ

 

バイきんぐの小峠英二さんと西村瑞樹さんも当初は

吉本興業に所属されていました。

当初あまり人気がなかったようで、モチベーションを保てなくなり上京。

ワタナベエンターテイントに所属したり、東京吉本にも所属しますが、

人気が出ることがなくどちらも1年近くで辞めてしまいます。

その後はフリーを経験するも、ソニーミュージックアーティスツに所属。

その後キングオブオンとで優勝するなど大活躍し、

今では芸能界に欠かせないコンビとなりましたね。

 

スピードワゴン

 

スピードワゴンのお二人も実は吉本出身だったんです。

二人とも名古屋吉本に所属しており、同期には次長課長や

徳井義実さん、ブラックマヨネーズなどそうそうたるメンバーがいます。

井戸田さんが先に上京し、小沢さんを誘うという形で

東京吉本で活動を開始しました。

その後は多くのオーディションを受ける中で、吉本興業を退社、

当時のM2カンパニー(現在のホリプロコム)に所属することとなりました。

 

ザブングル

 

ザブングルのお二人も吉本興業出身。

当初は別々のコンビで名古屋吉本に所属していましたが、

1999年9月に結成されました。

現在はワタナベエンターテインメントに所属していますが、

闇営業問題に関わったとして現在は謹慎中です。

 

ゲッターズ飯田

 

現在は占い師としても大活躍のゲッターズ飯田さん。

ゲッターズ飯田さんも名古屋吉本に所蔵されていたんです。

1999年から2005年まではゲッターズとしてコンビを組んでいた

飯田さんですが、コンビを解散し作家兼タレント兼占い師として

活躍するようになってからは現在のGオフィスに所属することになりました。

 

木下ほうか

 

あの木下ほうかさんも以前は吉本興業に所属していたことをご存知ですか?

スカッとジャパンのイヤミ課長としても大人気の木下ほうかさん。

もともとは吉本新喜劇の座員として活動されていたんです。

ですが、新喜劇の中で特別目立つメンバーになれなかったということも

あったことと、吉本新喜劇が低迷していた時期ということもあって、3年で退団します。

その後、マツ・カンパニーに一時期所属、現在はカクタスに所属しています。

 

まとめ

 

今回は過去に吉本興業に所属していた芸人さんについてまとめました。

上京のきっかけで吉本興業を退社するという方が多かったですね〜。

ですが、吉本興業を退社されても、今これだけ活躍されている方も

たくさんいらっしゃるのですから、事務所の力もそうですが、

やはり個人の力が芸能界は大きいのでしょうね。

これからも頑張って芸能界を盛り上げて欲しいです!

 

コメント