イチローの2021年現在の仕事はコーチ?年収や年棒・居住地が神戸との噂も!

スポンサーリンク
イチロー 現在 スポーツ
スポンサーリンク

日本・大リーグでも大活躍され、通算安打数で世界一の記録を保有するイチロー選手。

 

野球界のスターであり、日本人で知らない人はいないのではないかと思うほどです。

 

そんなイチローですが、引退してか以降、現在の仕事などはどうしているのでしょうか。

 

また、現役の頃はかなりの年棒をもらっていたかと思いますが、現在の年収はどのくらいなのでしょうか。

 

気になる現在のイチローについて調べてみました。

 


イチローの2021現在の仕事はコーチ?

2019年に現役を引退したイチロー選手ですが、翌年の2020年に、甲子園で優勝経験のある関西の高校でコーチをするとニュースになりました。

 

2020年2月に強豪校である智弁和歌山で、3日間の非常勤コーチとして指導。

 

どうやら高校でコーチをするというのは、単発的なことだったようですね。

 

では、現在のイチロー選手は何をしているのでしょうか?

 

なんと今は、古巣である米大リーグ(MLB)シアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクーとして活躍しています。

 

なんだかすごい肩書きですよね。

 

具体的にどんな仕事をしているかというと、主に外野の守備と走塁、さらには打撃コーチと一緒に打撃面でも指導をしているそうです。

 

練習では実際に、打撃投手を務めることもあるんだとか。その時には、100球ほど投げているそうです。

 

元々「レーザビーム」と呼ばれるほど方が強いことでも知られているイチロー選手なだけに、打撃投手としてかなり適任なのかもしれません。

 

そしてマリナーズでの指導の他、傘下である3Aタコマ・レイニーズなどマイナーチームにも携わっています。

 

イチローの現在の年収・年棒は?

現役時代には、最高年俸18億5000万円まで上り詰めたイチロー選手ですが、現在の年収は一体いくらくらいなのでしょうか。

 

実はイチロー選手には現役時代から、引退した後の収入計画がありました。

 

マリナーズ時代に、その当時の報酬の一部をマリナーズへ利子付きで一旦預け、引退後に受け取るという契約をしていました。

 

米経済誌によると、2019年に現役引退した時点で、総額2500万ドル(約27億5000万円)に、5.5%の利子を上乗せした金額をマリナーズに預けているとのこと。

 

これらの報酬は、引退した翌年の2020年1月から受け取りスタートしているそうです。

 

引退後のこともしっかり考えた、手堅い収入計画と言えますね。

 

そして、総資産はなんと198億円と言われています。ここまでくると巨額過ぎて、一般人にはピンとこない金額ですよね。

 

また、イチローは資産管理会社IYIを設立。

 

奥さんの弓子さんが社長を務め、高級エステ事業においてはアメリカでセレブ達に大ウケなんだとか。

 

夫婦ともに、引退後の第二の人生を謳歌しているようですね。

 


イチローの現在の居住地は神戸?

 

プロ野球選手として現役時代、日本では8年間、アメリカでは19年間を過ごしたイチロー選手。
現在の住まいが気になるところですよね。

 

イチロー選手は神戸と名古屋に家を持っていると言われています。

 

ただ2021年現在、マリナーズでインストラクターとして活躍しているので、その関係もあり今はシアトルで生活をしています。

 

仕事で日本へ帰国した際には、自身の家ではなく神戸の高級ホテルに宿泊しているそうで、というのもイチローは選手は神戸の街がお気に入りなんだからだそう。

 

東京は怖いから神戸がちょうどいいと、インタビューでも答えていました。

 

東京で仕事がある時には、神戸から通っているそうです。

 

それだけイチローにとって、神戸は思い入れのある街なんでしょうね。

 

まとめ

 

2019年に現役引退してからは、露出の機会が減ったイチローですが、古巣マリナーズで今もインストラクターとして活躍しているのは、ファンにとっても嬉しいのではないでしょうか。

 

これからも野球界のスターとして、伝説を残して欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
たきもりの森

コメント