ゴルフのプレーオフとはどんなルール?言葉の意味についてもわかりやすく解説!

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク

ゴルフの大会で上位選手が同率で並んだ場合に行われる、「プレーオフ」について、みなさんはご存知でしたか?

 

2021年の笹生優花選手が優勝した全米オープンや、2019年に原英莉花選手が優勝した「リゾートトラストレディス」など、最近の大会で行われることが増えてきていますね。

 

一方で、ゴルフのプレーオフについては、普段そこまで話題になることもないので、詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、今回はゴルフにおけるプレーオフのルールについて、その言葉の意味にも触れつつ、具体的礼をもとにわかりやすく説明していこうと思います!

 


そもそもプレーオフの言葉の意味って?

 

 

「プレーオフ」という言葉を、辞書で調べてみました。

 

プレーオフ【play-off】

ゴルフ・サッカーなどで、同点や同率のときに行う決勝試合。再試合。延長戦。

出典:明鏡国語辞典

 

おお!辞書にゴルフという文字が入っていました 笑

 

辞書からは、決勝で同点だった場合に、優勝を決めるためにもう1度試合を行う、という意味だとわかります。

 

ですが、これだと実際どのようにプレーオフのルールが適用されるのかわかりませんよね。

 

それでは、具体的に説明していこうと思います!

 

ゴルフにおけるプレーオフのルールとは?

 

 

ゴルフにおけるプレーオフのルールは、プロの大会などで18ホール終了後、同じスコアで2人以上が並んだ場合に、考えなければいけないルールです。

 

それでも、たくさんの出場者がいる大会の中で、同率でスコアが並ぶことはよくありますよね。

 

ですが、「同率で3位だった」とか「同率6位だ」とか、すべての順位に対してプレーオフを考えているときりがありません。

 

プレーオフと言われたら、通常は「1位に何人か同じスコアで並んだ場合」に、「1位を明確に決める」という意味を込めてつくられたルールなんですね。

 

大会などによっては、「同率1位の場合は同率の人みんなが優勝」というふうに決められている場合もあります。そういったときには、プレーオフは考えなくても良いのです。

 

あくまで、「1位を1人に絞ること」を目的にしていると考えて大丈夫です。

 

(厳密には少し違うのですが、ほとんどの大会は上記の考えた方でやっているので、プレーオフを考える上では問題ありません)

 

 

プレーオフ制度の仕組みは、次の通りになります。

 

①同率一位の選手が、追加でもう1ホールずつプレーする
②1ホールずつスコアを競い、先に相手のスコアを上回った時点で勝ちが決まる

 

言葉だけだとイメージがわきにくいと思うので、具体例をもとに説明していきます。


プレーオフのルールを具体的に説明!

 

 

それでは少し具体的に考えてみましょう。

 

2019年に原英莉花選手が優勝した大会である「リゾートトラストレディス」がいい例なので、こちらを元に説明させて頂きますね。

 

この試合では、18ホール回った時点で原英莉花選手と韓国のペ・ソンウ選手が通算14アンダーと同率一位でした。

 

そこで、一位を決めるためにプレーオフ制度の登場です。

 

改めて、プレーオフ制度の仕組みは次の通りです。

 

①同率一位の選手が、追加でもう1ホールずつプレーする
②1ホールずつスコアを競い、先に相手のスコアを上回った時点で勝ちが決まる

 

今回の例では、同率1位で並んだ原英莉花選手と韓国のペ・ソンウ選手が、まず1ホールプレーしました。

 

そこでは二人ともパー(0)だったため勝敗がつかず。次に、2ホール目でぺ・ソンウ選手がパー(0)だったのに対し、原選手がバーディ(ー1)を出したことで、原選手がスコアでぺ・ソンウ選手を上回り、原選手の優勝となりました。

 

プレーオフでは、決着がつくまで(スコアに差がつくまで)プレーが続きますので、2ホール目で差がつかなかった場合には3ホール目、と続いていくことになります。

 

プレーオフのいろいろな事例

 

 

先ほどご説明したのはプレーオフ制度の一例です。

 

実は、大会によってプレーオフのルールは少し変わってきます。

 

例えば、18ホール終了時点で同率で並んだ場合、

 

①追加で3or4ホール行い、3or4ホールの合計のスコアで勝敗を決める
②翌日に18ホールもう一度プレーし、そのスコアで決める

 

というルールもあります。

 

全英オープンや全米女子オープンは①の方式、全米オープンは②の方式なんです。

 

2008年の全米オープンで、タイガー・ウッズ選手がロコ・ミディエート選手と同率になり翌日に18ホールプレーしたものの勝敗がつかずさらにプレーオフを行った末優勝する、なんてこともありました。

 

一概にプレーオフといっても、大会ごとに柔軟に決められているようですね。

 

ですが、共通するのは「1位を一人に決める」ことです。

 

全米オープン優勝者が二人いたらおかしいですからね。

 

まとめ

 

プレーオフのルールについて理解していただけましたか?

 

優勝を決めるプレーオフは大興奮ですし、これからテレビで見ている中でも、このルールをきちんと理解していればもっと楽しめると思います。

 

白熱した試合がこれからも生まれてくれれば嬉しいですね。

 

さて、私もゴルフの練習に行ってきます!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツルール
たきもりの森

コメント