山口絵理子(マザーハウス社長)の学歴や経歴がすごい!旦那や子供についても!

スポンサーリンク
注目
スポンサーリンク

 

バングラデシュ製のバッグやスリランカの石を使ったジュエリーなどの製造販売を手掛けるマザーハウス。

 

このコロナ禍においても業績を伸ばし続けているすごい会社でもあるんです。

 

そのマザーハウスの社長を務めるのが、山口絵理子さん。

 

マザーハウスを起業してから15年近く第一線で活躍され続けています。

 

今回はそんな山口絵理子さんについて、

・プロフィール
・学歴
・経歴
・旦那
・子供

以上について調査しました。

 


山口絵理子のwikiプロフィール

【名前】山口 絵理子(やまぐち えりこ)
【生年月日】1981年8月21日
【年齢】39歳
【出身】埼玉県さいたま市
【役職】マザーハウス代表取締役兼チーフデザイナー
【受賞歴】経済産業大臣奨励賞、地球市民財団奨励賞

 

山口絵理子さんは2006年に「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念として、株式会社マザーハウスを設立し、設立後14年をたった今も代表取締役として会社を経営しています。

 

2012年には内閣府から「世界で活躍し日本を発信する日本人」の一人に選ばれるなど、国際社会でも高い評価を得ています。

 

それ以前にも、「フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006」最優秀賞を受賞したり、「Young Global Leaders 2008」に選出されたりと女性起業家鏡のような存在です。

 

山口絵理子の学歴まとめ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

回収事業、コロナ禍の経営、デザインのあり方など自分の今の言葉を湾曲することなく記事にしてくれた日経さんの特集がupされました。 インタビューをしてくださった記者さんの感想をこちらでシェアします💁‍♀️ インタビューを終えて 販売した商品のケア・修理にとどまらず、顧客が長く使って不要になったバッグを回収・解体し、そこから新たな商品を生みだす――。 「ソーシャルビンテージ」というサービスをスタートさせたマザーハウス。素材や商品に対するこだわりや愛情が、山口さんの新しい挑戦の原動力となっています。 山口さんは、SDGs(持続可能な開発目標)に先んじて「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念の下で企業活動を続けてきました。SDGsが広く認知され、推進されるなか、今度はより高いゴールを目指し、山口さんは動き始めたのです。 単にサステナブルを掲げるのでなく、製造工程での廃棄物や、購入された商品の“終わり”にも、しっかりとコミットする。当然コストのかかる仕事になります。 そんな難しい条件の下、サステナブルな事業の仕組みをデザインできたのは、デザイナーと経営者の両方の視点から現場=工場を知り尽くしている山口さんならではの突破力といえるでしょう。 そしてもう一つ、この事業を成り立たせている重要なポイントがあります。それは購入者の商品への愛情、思い入れです。 思い入れがある商品だからこそ、購入者はもう使わなくなったバッグを捨てるのではなく、リサイクルに回してくれるのです。 しかも、多くの場合、回収されたバッグには、様々な思い出を綴った購入者からの手紙が添えられているといいます。そんなにも愛されたバッグを解体して、マザーハウスが新たな商品としてよみがえらせる――。 山口さんは、顧客との関係もまた、サステナブルに築いているのです。 よければurl よりご覧ください。 #山口絵理子 #日経 #イノベーター #innovator #インタビュー

山口絵理子 Eriko Yamaguchi(@eriko.mh)がシェアした投稿 –

山口絵理子さんの学歴についてこちらでまとめました。

高校

 

山口絵理子さんが通われていた高校は埼玉県立大宮工業高校です。

 

男子共学ですが、工業高校ということもありほとんどが男子生徒のようです。

 

 

山口絵理子さんの高校時代は、「男子柔道部」に唯一の女性部員として所属していたようで、全日本ジュニアオリンピックで第7位を獲得するなど、輝かしい成績を残しています。

 

女性1人という立場でありながら、懸命に努力される姿勢は、マザーハウスを起業した際にも発揮されていたのでしょう。

 

実は山口絵理子さん、小学校時代はいじめにあっており、不登校になってしまったことがありました。

 

中学時代には、その反動もあって少しグレてしまいましたが、柔道に出会ったことで更生されたんだとか。

 

そういった意味で、どんな高校に行っても柔道をやりたいという思いはもっていたのかもしれませんね。

 

大学

 

山口絵理子さんの出身大学は慶応義塾大学総合政策学部です。

 

総合政策学部は湘南藤沢キャンパスというところにあります。

 

慶応義塾大学総合政策学部は偏差値70、志願倍率12倍以上とかなりの難関校で、工業高校から慶応義塾大学に合格する例は非常に少なく、かなり勉強されたのでしょう。

 

こうした自分の目標をしっかり達成するところに山口絵理子さんのすごさがあるように思います。

 


山口絵理子のこれまでの経歴は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日はカンブリア宮殿!カンロ飴さん特集!そして我々は 「告知」に登場します笑。 ということで、来週の今日は私、マザーハウスを代表しまして3年ぶり2回目の出演ですぞ! メディア大嫌いな私が、今回お話しいただいて 「でる」とすぐに答えたのは、コロナで厳しいお店、それでも頑張るスタッフ、工場のため、それらが真っ先に頭に浮かびました。 同時に龍さんに、「出産します」とメールで連絡した翌々日にオファーがきたから、赤ちゃんが運んできたプレゼントかもしれない、なんて思ったりもしたんです。 今回はコロナ特集のような内容で、海外ロケがいけない、密になれない、という理由で3年前のカンブリアに比べたら既にご存知の皆さんにとっては、エキサイティングではないかもしれませんが、3年前よりもずっとチームの力、工場の力がついていることを感じてもらえたら嬉しいです。 そして何よりも、お客様のコメントや、イベントで皆さまと繋がるシーンもあったりして(多分!)お客様も3年前よりたくさん登場します!それはすごい嬉しいこと。 ああ、ソワソワ一週間がはじまりましたあ💦 みなさん感想、ご意見ドシドシコメントくださいませ📝 あ!ぶっちゃけると、マザーハウスでクリスマスなどのお買い物をしたい方は今週中にすませた方がよろしいかもしれません!笑 コロナ&カンブリアで我々在庫が逼迫しますからね!(なんの脅し🤣 but 半分本気で心配) 写真は収録中のワンカット。日本のデザインルームで開発作業してるときです。 #カンブリア宮殿 #マザーハウス #テレビ東京 #小池栄子 #村上龍

山口絵理子 Eriko Yamaguchi(@eriko.mh)がシェアした投稿 –

 

マザーハウスは発展途上国におけるアパレル製品の生産、同商品を先進国で販売している企業ですが、そもそも山口絵理子さんが途上国に注目されたのは、大学生の頃インターネットで「アジア 最貧国」のキーワードで検索して出てきたバングラデシュに興味を持ったからでした。

 

大学時代にはワシントンの米州開発銀行へインターンに行った際、貧困問題を学んだことも途上国への理解を深めるきっかけだったそうです。

 

そして22歳の時に、実際にバングラデシュを訪問し、現地の様子を目の当たりにしました。その後バングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程に入学し、在学中には三井物産のダッカ事務所にてインターンを経験するなど、バングラデシュで様々な経験を積んでいきます。

 

そして、バングラデシュでとれる材料を使い、天然ジュートやレザーを使って、バングラデシュでバッグやストールを製造することに決め、2006年に株式会社マザーハウスを設立されました。

 

現地で生産するのには日本以上に大変なことがあったと思いますが、それを一つ一つ乗り越え、2019年10月時点で海外6か国にある自社工場で商品を製造し、日本や台湾、香港、シンガポールの直営店38店舗でバッグやアパレルの販売をするほど事業は成長していきました。

 

コロナ禍でアパレル業界は苦戦が続く中、マザーハウスも工場を閉鎖せざるを得ませんでしたが、これまで会社に貯めていたお金で従業員には給料を払い続けており、従業員ファーストの姿勢を貫いていたことも、マザーハウスが高い評価を受けている理由の一つです。

 

徹底して従業員を大切にすることが、ビジネスをやっていくうえで必要だと考えられているのでしょうね。

 

こういった会社が今後も伸び続けていくのでしょう。

 

山口絵理子は結婚している?旦那や子供について

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ついに出産予定日まで残り約三週間となり、私は子供との新しい人生や生活を記録したくて、別アカウントのインスタを作りました^ – ^ @eriko.mother です。(ややこしい?!)子供のことって、別に見たくない人もいるだろうし、なんていうか、私自身も別アカウントの方は離れて暮らす母などに子供の成長見せたいなと思う気持ちもあり作りました。 よりプライベート感でると思うので、あくまでマザーハウスの山口の活動が知りたい方はこちらのアカウントのみご覧くださいませ。引き続き、ものづくりや仕事+αをアップしていきたいです! 私のリアルマザーとしての歩みもご興味持ってくださる方は覗いてみてください。(urlに貼り付けておきます) しょっぱなは、人生初のマタニティphotoを撮ったよーって投稿です。ほんと、恥ずかしかった。。 毎日が、新しい命に出会うまでの貴重な貴重な一日だと感じます。。。 #マタニティフォト #記念日

山口絵理子 Eriko Yamaguchi(@eriko.mh)がシェアした投稿 –

山口絵理子さんはこれまで私生活についてあまり公表していませんでしたが、2020年8月21日に39歳の誕生日を迎えられた際、一般の男性と入籍していること、また第一子を11月末に出産予定であることを発表されました。

 

旦那さんとはこれまで長くお付き合いをされて、山口絵理子さんが何か相談をするときにはいつもじっと話を聞いてくれて、辛い話をしているときも、山口絵理子さん以上に涙を流してくれるような存在なんだそうです。

 

素敵な旦那さんですよね。

 

山口絵理子さんさんは昨年感染症にかかってしまったり、精神的な病気になってしまったこともあったようですが、その際も献身的に支えてくれたようです。

 

そんな素敵なパートナーとの子が、いま山口絵理子さんのお腹の中にいらっしゃるのですね。

 

これからしばらくは産休と育休を取り、家庭を優先されていくとのことです。

 

これまで頑張り続けてきた山口絵理子さんだけに、旦那さんと子供とゆっくり過ごしてほしいですね。

 

まとめ

 

マザーハウス社長の山口絵理子さんについて、

 

・プロフィール
・学歴
・経歴
・旦那
・子供

 

以上について調査しました。

 

山口絵理子さんがどんな信念をもって働かれてきたのかわかりましたし、これから産まれてくるお子さんもきっと山口絵理子さんのように芯の太い子に育っていくのでしょうね。

 

まだまだマザーハウスは大きな会社へ成長していくでしょうし、どんな新しい商品が産まれてくるのか楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント