西村智奈美の結婚した旦那(夫)や子供は?学歴や経歴・評判もすごかった!

スポンサーリンク
西村智奈美 結婚 評判 注目
スポンサーリンク

 

西村智奈美さんは、立憲民主党に所属する衆議院議員です。

 

新潟県の連代表で、2021年10月に行われた第49回衆議院議員総選挙に立憲民主党新潟県代表として立候補をし、見事当選をされました。

 

そんな西村智奈美さんは、女性議員という立場や自身の経験から、「多様性を力に」をモットーに女性問題や育児について主張をされています。

 

今回はそんな西村智奈美さんのプロフィールや結婚された旦那さん、経歴・主張している政策について調査したいと思います!

 


西村智奈美のwikiプロフィール!身長は?

 

【名前】西村 智奈美(にしむら ちなみ)
【生年月日】1967年 1月 13日
【年齢】54歳
【血液型】A型
【出身】新潟県新潟市
【身長】170cm
【趣味】弓道、山歩き、料理
【所属】立憲民主党

 

西村智奈美さんが政界に入ったのは、1998年。

 

民主党に入党したのち、新潟県議会選挙新潟市選挙区に立候補をし、当選。民主党新潟県連発足とともに副代表に就任します。

 

そして、国会議員初当選は、2003年。第43回衆議院議員総選挙で新潟1区から立候補。自由民主党前職の吉田六左工門を破り見事当選されたことで衆議院議員になられました。

 

女性の政治参加の困難さが課題とされている中、当選されていた西村智奈美さん。

 

女性議員増加のきっかけになってもらいたいですね!

 

西村智奈美のこれまでの経歴は?

 

ここからは、先ほど紹介した西村智奈美さんの経歴や考え方についてさらに掘り下げていきたいと思います!

 

西村智奈美さんの政治人生の転機となった出来事は2009年。

 

民主党が与党となり、政権交代が起きた衆議院議員総選挙となりました。

 

そこで、西村智奈美さんは政策論を重視した公約を主張。

 

特に予算の使い方、無駄遣いの解消すべきといった内容でした。

 

 

当選ののち、選挙後に発動した鳩山由紀夫内閣で、外務大臣政務官という役職につきました。

 

外務大臣政務官とは、外務省を担当する大臣政務官です。

 

仕事内容は、内閣の各大臣を補佐する役目で、政策や企画に加わって事務処理のようなものを行うとったイメージです。

 

西村智奈美さんは2012年の菅直人内閣まで外務大臣政務官を務めあげました。

 

一度は落選をしてしまったものの、2017年・2021年の衆議院議員選挙では当選を果たし再び国会議員の議席へ返り咲いたんです。

 

また、2021年は立憲民主党の代表選へ出馬されており、今後の動向に注目が集まっています。

 


西村智奈美の学歴は?

そんな「子育て政治家」こと西村智奈美さんの学歴は興味深いですね!

 

実際政治家の方は高学歴の方が多いですし、西村智奈美さんもきっとエリートな方なのでしょう。

 

それでは実際に見てみましょう。

 

まず、出身高校ですが、新潟県立三条高等学校というところになります。

 

偏差値は62で県内公立でも上位の方ですし、地域では進学校と評判の学校です。

 

そして出身大学は、新潟大学の法学部です。

 

大学に在学中は国際関係論を専攻しており、タイのバンコクに1年間留学をされていました。

 

大学卒業後は、新潟大学大学院法学研究科に進学されます。

 

大学院時代は、イギリスブリストル大学法学部に留学されました。

 

2度の留学を経てるのでタイ語と英語が話せるそうで、すばらしいですね。

 

法学、英語、さらにはタイ語を学習されるなど大学時代はとても勉強熱心だったのですね。

 

西村智奈美の結婚した旦那はだれ?子供はいる?

2007年にご結婚された西村智奈美さんの旦那さんは、本多平直さんです。

 

本多平直さんは1964年生まれの57歳。

 

立憲民主党の議員で政治家時代には、民主党副幹事長・内閣総理大臣補佐官ん・経済産業大臣政務官などをされていました。

 

お二人の馴れ初めは同じ政党内でともに活動をされていたからでしょうか。

 

お子さんもいらっしゃいますし政治家同士の素敵なご夫婦ですね。

 

西村智奈美の評判まとめ!

 

こちらでは西村智奈美さんの評判についてまとめました。

 

だんだんと良くなっているという声も聞こえていますね。

 

まとめ

 

今回は新潟県代表、国会議員の西村智奈美さんについて掘り下げていきました。

 

子育てを行いながらも女性政治家として活躍されている西村智奈美さん。

 

今後、どういった発言をされるのかが注目ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
注目
たきもりの森

コメント